フローリングの質感

どうも。最近はステイホームの時間が長くて家の中の掃除やものに目が行く時間が増えました。フローリングの床でラグなどはひかずに裸足で過ごしています。ここで思うのが、フローリングってあんまり好きじゃないのかもなあと思うのです。夏は冷たくて良いのですが、汚れが結構目立ちます。それに春や秋、冬はダイレクトに寒さが伝わってきて、部屋全体と体が冷えていくのがわかります。それに硬い感じがしてあんまり好きじゃないんですよね。やっぱりラグか、畳か、他のものが欲しくなります。最近は畳の質感のラグ?のようなものを敷き詰めて行って家の模様替えを行うこともあるため、そういう風に対策していくのもアリかもしれませんね。後は畳のある和室に引っ越すかどうかですね。これも結構和室のある家も大阪に結構あります。ただ、やっぱりフローリングの部屋の方がおしゃれに感じてしまうんですよね。単純にワークスペースと畳って合わないというか。畳ってある程度リラックスしていられる空間に向いていて、ワークチェアとかおいたら風情も何もないと思うんです。フローリングはそこら辺を木にする必要が全くないから、良いんですけど。和室もある家がいいですねえ。探すときは岐阜で不動産屋さんにしっかり相談しましょう。